ニキビ 鼻の下

鼻下ニキビができやすい人必見

鼻の下や口の周りにできるニキビは炎症を起こしやすいと言われています。

 

鼻の下にできるニキビは目立つし気になりますよね。

 

当ページでは鼻の下にできるニキビの原因と対処法についてご紹介します。

 

跡を残さずに綺麗に治す為にも、是非参考にしてみてください。

 

鼻の下にニキビができるのはなぜか

鼻の下にできるニキビは痛いし目立つし悪化しやすいですよね。鼻の下には皮脂線が多く分布しているために、ひとたびニキビができてしまうと炎症を起こして悪化しやすくなるのです。

 

ニキビはできる箇所によってその原因が違ってきます。

 

特に鼻の下にできるニキビの原因として挙げられるのが、ホルモンバランスの乱れによるものです。ホルモンが過剰に分泌されると皮脂の過剰分泌を促進し、毛穴が詰まりやすくなりニキビができやすくなるのです。

 

ホルモンバランスが崩れる原因は、ストレスや睡眠不足、食生活の乱れが挙げられます。日頃から心身共にリラックスさせる習慣を取り入れて、早寝早起きを心がけ、栄養バランスの取れた食事をすれば、ニキビ予防につながります。
炎症を起こして腫れ上がったニキビは絶対につぶしたりせずに、早めに皮膚科に受診をすると良いでしょう。

 

ニキビが鼻の下にできてしまう原因と治す為の対策8選

鼻の下にできるニキビは日常生活を改善していくことが予防につながります。

 

鼻の下のニキビに悩まされる前に、日頃の生活習慣を見直してみましょう。

 

今回、当ページではニキビが鼻の下にできてしまう原因と治す為の対策法8選をご紹介します。

 

ストレスを溜めない

ストレスは体に悪影響を与えます。

 

ストレスが溜まると体の交感神経と副交感神経のバランスが崩れやすくなり、体調が乱れ、さらにはお肌にも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

ストレスによってホルモンバランスも崩れてしまい皮脂が過剰に分泌されてしまいますので、ストレスはなるべく溜めずに発散させましょう。

 

栄養バランスのとれた食事

栄養バランスのとれた食事をすることも、ニキビ改善につながります。

 

特にビタミンやミネラル類は肌の健康に必要な栄養素なのですが、あくまでも栄養バランスの取れた食事を取ることを心がけて、足りないと思ったらサプリメントなどで補給すると良いでしょう。

 

また、ホルモンバランスの乱れもニキビの原因になりますので、大豆食品なども積極的に摂取してホルモンバランスを整えておくことも大切です。

 

メイク道具は清潔にしておく

ニキビ対策には肌を清潔に保つことが重要ですが、メイク道具のお手入れもニキビ予防には重要になります。

 

メイク道具は毎日使うものであり、結構汚れやすくなっています。メイク道具には化粧品の他に皮脂などが混ざっている場合があり、雑菌が繁殖しやすい状態になっているのです。

 

メイク道具についた雑菌が皮脂が詰まった毛穴に入り込むと、さらに雑菌が増殖してしまい、毛穴に雑菌による炎症が起きることによってニキビができてしまうのです。

 

メイク道具は清潔にしておくことが大切です。汚れたら綺麗に洗い流しておきましょう。特にファンデーションのパフはニキビができやすい部分に使用する場合があるので、こまめに洗うようにしておきます。

 

メイク道具専用の洗剤か、クレンジングや洗顔料を使って十分に汚れを落とし、洗剤が残らないようにしっかりとすすいでおきましょう。

 

半身浴を行いリラックスする

半身浴で心身をリラックスさせるのもニキビ改善の効果が期待できます。

 

38〜40度程度のぬるま湯に浸かり、体温を上げることによってお肌を活性化させることもでき、免疫力もアップできます。

 

皮膚などを清潔に保つ

ニキビは皮脂や汚れなどが原因で悪化してしまう場合もあります。

 

毎日洗顔を欠かさないことはもちろんですが、寝具の汚れにも気をつけなければなりません。

 

特に枕は汗や皮脂で汚れが溜まりやすくなります。ニキビに繁殖した菌も枕についてしまうこともありますので、枕カバーやシーツは常に清潔なものを使用しましょう。

 

早寝早起きを心がける

仕事や付き合いで長く寝ることができない人も少なくありませんが、やはり睡眠不足は体に良くないもの。

 

肌の調子を整える成長ホルモンは寝ている間に多く分泌されます。特にお肌のゴールデンタイムと言われる午後10時〜午前2時の間に寝ることが肌の回復効果をより高めるとされています。

 

食べ過ぎないように注意する

食べすぎは胃腸を弱める原因にもなり、体にもお肌にも悪影響を及ぼします。

 

食べ過ぎによって消化不良や便秘と言った症状が出ると肌にもその影響が現れるようになり、肌荒れの原因につながります。

 

水分補給を行う

人間の体は80%の水分で成り立っています。水分は体内の隅々まで行き渡っていますが、大量の汗をかいたり水分補給を怠ると、体の中の水分が減少して血液がドロドロになってしまいます。

 

血液がドロドロになると皮脂細胞に血液や酸素や栄養素が行き届かなくなり肌の状態が悪くなるので、ニキビができやすくなるのです。

 

1日にお水を1.5から2リットルを目安にして、こまめに水分補給をするように心がけましょう。

 

鼻の下のニキビの炎症がひどくなってしまった場合の対処法

目立ちやすい鼻の下のニキビは痛みが伴ったり赤く腫れ上がったりなど、とても厄介なものですよね。悪化させる前に早めに対処しておきたいものです。

 

ニキビ対策にはどの部分でも共通して言えるのは、適切なスキンケアと生活習慣を整えることが大切です。皮脂や汚れのほかに、ストレスなどの精神的な理由が原因でニキビができることもあります。ストレスは溜めずにできるだけ発散させておくことが大切です。

 

また、食事では栄養バランスの取れた食事をとることを心がけ、特に皮脂の分泌を抑える働きのあるビタミンB群を積極的に摂るようにしましょう。

 

できてしまったニキビはつぶしたり刺激を与えることは避けて、早めの皮膚科の受診をすることをおすすめします。軽度のニキビでしたら市販されている抗菌剤入りのニキビ薬でケアすると良いでしょう。

 

また、ホルモンバランスの乱れによる場合もありますので、そのような時はホルモン治療を行うのが効果的です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

大人ニキビは特に口の周りにできやすくなると言われています。

 

スキンケアや生活習慣を見直すこともニキビ対策には有効と言えます。

 

まずはニキビを作らない生活を心がけていくことが大切です。