ニキビ跡

ニキビ跡でもう悩む必要なし!

ニキビが治りづらくなったり、治ってもなかなか跡が消えてくれないので困っているという方は少なくないようです。

 

もともとニキビができやすい敏感肌の方が多く悩むようです。

 

ニキビができやすく、炎症や傷による色素沈着によってシミができたり、ニキビ跡が残ってしまうという方は、気になってしょうがないという思いで憂鬱になる場合もあることでしょう。

 

今回、当ページでは、顔のニキビ跡を綺麗にする方法をご紹介します。

 

美肌になりたいと思う敏感肌の方は、是非試してみていただきたいです。

 

ニキビ跡ができてしまう原因とは

ニキビ跡とは、顔や頬、鼻やおでこなどの顔や背中などにできる炎症や傷や色素沈着によるシミの状態のことを言います。

 

同じ場所に何度も傷や炎症ができてしまうとダメージが蓄積されてしまい、皮膚の深部の組織が壊れてしまうため、ニキビ跡が残ってしまうのです。

 

ニキビ跡は種類や原因によって症状が様々あります。

 

赤みのニキビ跡

ニキビの炎症ができたときに傷を治すために血管が広がることにより肌内部の血液がすけることによって赤みが残ります。

 

紫や茶色のシミによるニキビ跡

肌に紫のシミができる原因は、ニキビが炎症を起こしたときに毛穴の周りの毛細血管が破裂し、血がにじみ出ることによるものです。茶色の跡になる原因は、ニキビができたときにメラニンが大量に作られることによるものです。

 

クレーター肌となるニキビ跡

クレーターのニキビ跡の原因は、赤ニキビが悪化することによって強い炎症が進行し、皮膚組織が破壊されることによるものです。

 

顔のニキビ跡を綺麗にする10の方法

ニキビ跡は種類により原因や症状が異なりますので、スキンケアや治療の方法が変わってきます。ただし、ニキビ跡の改善やニキビの予防方法は同じとなります。

肌はターンオーバーを繰り返すことによって美肌に近づいていくので、ターンオーバーの周期を乱さないことが重要になります。

 

以下では、顔のニキビ跡を治す方法をご紹介します。

 

紫外線予防対策を行う

ニキビや傷、かぶれなどによる炎症が起きた後にシミになって色素沈着したものを「炎症性色素沈着」といいますが、この場合のニキビ跡にとって紫外線は大敵なので注意が必要です。

 

紫外線に当たると色素沈着を起こしやすいので、できるだけ陽に当たらないように日焼け対策を行いましょう。UVクリームやパウダーファンデーションをきちんと塗ってUVケアをしっかり行うようにしましょう。

 

血行促進のためお湯に浸かる

血行が良くなると、栄養分も肌の奥まで効率よく行き届くことができ、新陳代謝もアップします。適度な運動と、ぬるめのお湯にゆっくり浸かることが血行促進のためには効果的なのでおすすめです。

 

入浴することによって毛穴が開き、毛穴の中の汚れが落としやすくなるので、ニキビ予防にも効果的です。

 

ストレスは溜めないようにする

ストレスは美肌作りに重要なホルモンの分泌を妨げるので、ストレスを溜めないことが大切です。

 

美肌を保つためには、ストレスは溜めずに上手く発散させましょう。ニキビができてしまうとそれだけでストレスになるので、ニキビには逆効果になってしまいます。

 

ニキビができたら、生活改善や食生活を見直すようにして、ストレスを溜めないようにしましょう。

 

食事で栄養をバランス良く獲る

美肌を作るために肌のターンオーバーを正常にすることが大切ですが、たんぱく質を栄養分として取り入れると効果が期待できます。

 

たんぱく質は人の身体を作り上げるのに必要不可欠な栄養分となります。皮膚の他に髪の毛や筋肉や臓器などの身体のあらゆる部分を構成している成分となるのです。

 

たんぱく質は主に肉や魚、牛乳、卵、チーズ、豆腐、納豆、大豆製品などに含まれています。たんぱく質の他にもビタミン類やミネラルも多く摂りいれると良いでしょう。ビタミン類が含まれる食物はかぼちゃやにんじん、海藻類、きのこ類、ナッツ類、豚肉、うなぎなどが挙げられます。

 

これらの食品の栄養素をバランスよく摂取していくことによって、肌のターンオーバーが衰えることなく正常に行われるようになります。

 

睡眠時間をしっかりとる

肌の再生や修復は寝ている時間に行われます。

 

睡眠時間をきちんととることがきれいな肌を作るために重要になります。

 

午後10時〜午前2時の間は肌のゴールデンタイムと言われ、この時間に寝ている間に成長ホルモンの分泌が活発に行われます。
この時間帯に眠ることが難しい場合は、成長ホルモンが十分に分泌されるために、規則正しい生活を送るように心がけましょう。

 

ピーリングをする

赤みや色素沈着によるニキビ跡には、肌の表面の古い角質を落としてターンオーバーを促すピーリングが効果的です。

 

また、ピーリングは毛穴に皮脂が詰まっている初期段階のニキビにも効くので、炎症性ニキビの予防にも効果的が期待できます。ピーリングをした後は肌が乾燥しやすいのでしっかりと美容液で保湿しましょう。、あた、紫外線対策も忘れずにしておきましょう。

 

ピーリングは必要以上にやりすぎてしまうと、逆に肌を衰えさせてしまいますので、やりすぎないように注意しましょう。

 

甘いものを食べすぎない

糖分を多く含まれた甘いお菓子などの食べ物を過剰に摂取すると身体の免疫バランスが乱れてしまいます。そうなることによって、ニキビは悪化してしまいます。
ニキビが悪化すると治りにくくなり、ニキビ跡も残りやすくなってしまいます。甘いものの食べすぎには注意しましょう。

 

洗顔は正しい方法でする

洗顔もただするだけではなく、正しい方法でするのが重要です。

 

きめ細かいたっぷりの泡で、肌をやさしくなでるようにして顔を洗い、その後ですばやく化粧水をつけます。化粧水の後は乳液や美容液をつけます。その後に可能であればイオン導入器でイオン導入をします。

 

ニキビ予防にはビタミンC誘導体と明記してある化粧水や美容液が良く、セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分を含んだ乳液を使用すると、より効果が期待できます。また、さらに電流を利用したスキンケア方法のイオン導入をすると、ビタミンCの浸透がよりいっそう高まります。

 

適度に運動をする

適度に運動をすることによって基礎代謝が活発に行われ、ターンオーバーも正しい周で行われるようになります。

 

ターンオーバーの周期が正常に行われることによって、不要な角質は取り除かれるので、メラニンや老廃物がスムーズに排出できます。

 

ローズヒップティーでビタミンCを摂取

ローズヒップティーは「飲む美容液」とも言われ、ビタミンCが豊富に含まれています。

 

ビタミンCの含有度は自然界の植物の中では群を抜いて高いと言われています。また、通常ビタミンCは熱に弱いのですが、ローズヒップのビタミンCは熱を加えても壊れにくいのが特徴です。

 

そのため、ローズヒップティーでビタミンCを摂取すると、体内に長い時間持続するので、美肌効果に期待できるのです。

 

ニキビ対策に有効な栄養素

普段の食生活を見直すことも内側からのニキビ対策として有効です。

 

ニキビに有効な栄養素は、以下の通りです。

 

  • ビタミンA(ほうれん草、人参、シソの葉、カボチャ、レバー、うなぎなど)
  • ビタミンB2(乳製品、卵、うなぎ、レバー、藻類など)
  • ビタミンB6(鶏ささみ、かつお、まぐろ、にんにくなど)
  • ビタミンC(果実、緑黄色野菜、芋類など)
  • ビタミンE(かつお、うなぎ、緑黄色野菜、レバーなど)
  • 食物繊維(ごぼう、サツマイモ、豆類、藻類、キノコ類、など)
  • コラーゲン(鶏軟骨、鶏皮、牛筋肉など)
  • ミネラル(キャベツ、牛乳、チーズ、牡蠣、昆布、穀物、カシューナッツなど)

 

ビタミンAは、毛穴の詰まりを解消する効果があり、肌のターンオーバーを促進させて、皮膚や粘膜の潤いを保つ効果が期待できます。

 

ビタミンB2は、角化を調整しながら皮脂の分泌を抑制して、肌の状態を正常に保ちます。

 

ビタミンB6は、ビタミンB2と共に皮脂の分泌を抑制し、新陳代謝をアップさせて、新しい肌の形成させる効果があります。

 

ビタミンCは、コラーゲン繊維の生成を促進し、メラニンの生成を抑制します。また、抗酸化作用で美肌を保つ効果があります。

 

ビタミンEは抗酸化作用が高く、血液の循環を改善することができ、ビタミンCとの相乗効果が高いです。

 

食物繊維は便秘や肥満の予防効果があり、脂質代謝を調整する作用があります。

 

コラーゲンはアミノ酸として吸収され、肌の再生に必要な材料となります。また、酸素や栄養素を細胞に届ける役割があります。

 

ミネラルは、ホルモンバランスを整える作用があり、お肌のターンオーバーを促します。ニキビ対策としてのおすすめメニューは、鶏の水炊きや魚介を中心とした鍋物です。

 

鍋やスープにすることによって、効率よく水溶性のビタミンCが摂取できます。野菜は生で食べると体を冷やしてしまいがちになるので、温めることによってたくさん摂ることができます。

 

また、脂溶性のビタミンAやEは、油で炒めて調理すると効率良く吸収でき、体内に蓄えることができるので、焼き魚やいり鶏、きんぴらごぼうなどがおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

ニキビ予防対策をすることで、ニキビを作らない、悪化させないことができます。

 

  • 紫外線予防対策を行う
  • 血行促進のためお湯に浸かる
  • ストレスは溜めないようにする
  • 食事で栄養をバランス良く獲る
  • 睡眠時間をしっかりとる
  • ピーリングをする
  • 甘いものを食べすぎない
  • 洗顔は正しい方法でする
  • 適度に運動をする
  • ローズヒップティーでビタミンCを摂取

 

以上の方法などを参考にしながら生活習慣、食生活を見直すことで、ニキビの予防、ニキビ跡の改善をすることができます。

 

ニキビとは無縁の健康な素肌を取り戻すためには、肌に良い栄養分を効率よくしっかり摂取することと、正しい洗顔方法で綺麗な皮膚を保つことが重要になります。